読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンの君

プリンの君 小学生の頃、私は母の作るプリンがとても好きだった。ある同級生の男の子も、母が作るプリンを気に入り、食べたいという理由で家に来ることが何度かあった。彼とは趣味が合うわけでなく、何して遊ぶわけでもない。ただ何でもないようなことーたと…