読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWS LIVE TOUR 2015 Withe 大阪公演5/2昼MC

アイドルごと

 備忘録その2です。信頼性は低いです。長いので続きから。

 

小山慶一郎=慶
手越祐也=手
増田貴久=増
加藤シゲアキ= シ
<=客


【あいさつ】

「こんにちはー!僕たちがNEWSでーす!まずは昨日誕生日を迎えたこの人!!」

慶 「みんなのダーリン慶ちゃんだよ!31歳の今日はアイドルしていこうと思っています。 みんな愛してるよ!俺と一緒に幸せになれんのか!絶対幸せにしてやる。子猫ちゃーーん!! こういうのやっていこうと思う。」
「…。」
慶 「続いてまっしゅー!」
「子猫ちゃんたち盛り上がってるかーい!」 
慶 「あら?」 
「おっと間違えました。化け猫ども~!!」 
慶 「(見切れに手を振る)」
<きゃー!! 
「ちょっとやめて。俺んときそういうのやめて。」 
慶 「えー?いいじゃん。」

慶 「大阪シゲアキコレクション!」
(コヤシゲで腕組んでモデルウォーク)
(増田ポーズとる)
「大阪ただいまー!…ただいまー!ありがとう!加藤シゲアキでしたー!」
<えー!?
「嘘だよー。(むっちゃ笑顔)アリーナ!スタンド!立見!いいねぇ。苗字が佐藤!鈴木!…おお、鈴木のほうがいるんだね。苗字が加藤! …ほんとにぃー?じゃあ苗字が手越!」
「(地声で)うをおおお!」
「wwww」

「フォーーー!!」
「今?今HGっすか?」
「はははww大丈夫?昼公演だけど、みんなちゃんと起きてるー?俺たちについてこれんのかー?ついて来ないとぽぽぽぽーんっていっちゃうよ!!こっちは真昼間からイチャイチャするつもりだけど、大丈夫かー?そこらへん歩いてる人たちのことも気にせずイチャイチャするぞー!……俺ね、前からみんなのこと子猫ちゃんって言ってるけど、まぁ確かに子猫ちゃんではある。子猫ちゃんではあるんだけど、俺、最近みんなのことエンジェルだなと思うこともある。」
<ざわ
「エンジェルちゃーん!!!」
「俺を幸せにしてくれる、可愛い可愛いエンジェルちゃーん!!!」
<ざわざわ
「そうだなぁ…男はみんなデビルくーん!!!」
<ざわざわ
「手越は何なの?ゼウス?全知全能の神なの?」
「俺ゼウス。ゼウス。神。」
慶 「今日すごいね本当に。ちょっと抑えていただいても大丈夫ですよ。そこまで壊れなくても。」
「みんなを前にしたら我慢できないんだもん。」
慶 「俺は今日子猫ちゃんデビューしたからね。勉強なるわ。」
「子猫ちゃんって言う奴がいて、化け猫って言う奴がいて、エンジェルって言う奴がいる、このグループやばいなww」

「みなさんお気づきだと思いますが、一人ね、出てきてないんですよ。」
慶 「あの方がね。」
「みんな大きい声で呼んでもらっていいかな。そしたら出てくると思うから。」
「化け猫ー!って呼んだら出てくるんじゃない。」
慶 「みんな言われてるんだから、言い返してやったらいいんだよ。」
<化け猫ーー!!
「(いっぷくポーズ)」
慶 「あれ?俺より目細くない?」
「(目見開たり、わらったり、いっぷくポーズしたり)」
慶 「かわいいってわかっててやってるからね。かわいい俺どう?ってことだからね。
「www」

 

【MC】

「Weather NEWSのeverybody say We are the? ニュース!って(みんなに言ってもらう)ところのシゲの声ちゃんと通ってるのかな?みんな聞こえてる?なんかちょっとみんなの声が…。(出てないような)」
「えぇー?」
「手越とかがやったほうがもっとこう、ニューース!!ってなるんじゃないかな。ちょっと手越やってみてよ。たぶんすごいくるから。」
「おお、いいよ。」
慶 「待って先にシゲにやってもらおうよ。で、比べよう。befor afterみたいなさ。」
「(ファンにむかって)みんなさ、ここは分かってるよね。(うんうん頷く)分かってるよね。」
慶 「(ファンにむかって)頼むね。」
「ええー?(しぶしぶ)We are the?」
<にゅーす!
「We are theー?」
<にゅーーーす!!!!
「おおー!!」
慶 「おお!」
「いいよ、もう。あそこ次から手越やっていいよ。(投げやり)」
「いや、いいわ。その次俺のパートだし。」
慶 「もうあそこは恒例にしようよ。シゲの声があんま聞こえてなくてもにゅーす!って言ってね。言ってあげてくれる?ね。」
「ふははははははwwシゲの動揺が半端じゃないww水半分ぐらいこぼしてるwww」
手「シゲ、わりと口ゆるいよね。」
慶 「シゲそういうとこあるよな。」
「手越だって生卵飲んでてでろーってこぼして服よごしてたじゃん。」
慶 「それ拭いたの俺だからな?」
「(頷く)」
慶 「喋れや。」
「下手なんだよねヒュー!」
慶 「ほめてねーよ。」


「昨日来てない人もいるから、言っとく?せーの、おめでとー。(一人で)」
<おめでとー!
慶 「誰とあわせたの?w」
「どう?31になって。すごい変わったでしょ?」
慶 「すぐに変わんねーよ。でもプロフィールに31って書くのは、違和感あるよね。」
「なんで?馬鹿なの?」
「29、30の成長とっ!30、31の成長は違うでしょ!30からっ!31になってっ!どうなんですかっ!違いセイッ!(変なリズムと動きで)」
慶 「なんなんだよそれ!昨日の夜のメシんときからやってるそれなんなんだよ!」
「29から30になったときの目標とっ、30から31になってみてっ、30歳の自分は何点だったんだいセイッ!」
「体で喋んなww」
慶 「なんなのこれww俺手越がMCやる番組あったら出たくないわ、こんなMC嫌でしょ~~~!」
「ええ?www」
慶 「この人絶対自分の今までの人生100点だと思ってるから、すげぇ上からなんだよな。」
増「100点の人が100点じゃない人に向かって言ってるね、バカにしてるね。これで小山が100点だと思うって言ったらたぶん否定してくるよ。」
慶 「100点で言ってみる?」
「31歳になった変化、セイッ!」
慶 「おれは、いままで、30歳までの自分?100点だと思う。」
「あー成長止まるね!そういう言い方しちゃうと、そこで成長止まっちゃうからよくないね。」
慶 「もうwwwここまでがワンセットww」
「(急に手越の変なリズムと動きを真似しながら)だからぁ、人生をぉ、100点としてぇ、」
慶手増 「wwwww」
「なんかシゲのリズム悪くね!?ww」
増「リズム乗れてないよwwwリズム感悪くね?wwwメトロノームありますー?」
「え?やべぇ、マジで?リズム感悪い?だとしたら俺それ自覚ないわ…。」
慶手増「かぶせ失敗ww」


「いやでも昨日俺ガチで目標聞いたのよ。そしたら2020年の東京オリンピックの現場にキャスターとしていたいって。俺それ本当にすげぇなと思って。」
慶 「個人としての目標はね。グループとしては、やっぱりもっと活動していきたいね。」
「もっとツアーやりたいね。本当にガチで。1年ごととか、1年半ごととかでも。」
「でもすごい頑張ったらー、もしかしたら(選手として)オリンピック出れるかもしれないよね?」
慶 「何を目指してるのww……(小声で)シゲ!シゲ!今!シゲ!(さっきの変な動きしながら)」
「…(口開きかけるも閉じる)」
「心折れちゃってる~~www」
慶 「全然喋んねーじゃんwww」
「分かったよシゲ。さっきのeverybody sayのやつもっかいやろ。したらテンションあがるから。」
「いいよー、もー。」
慶 「みんなにシゲのテンアゲしてもらおうよ。」
「なんなの?どうしたらいいの?全然わかんないよ。」
「シゲがwe are theって言ったら、みんなにゅーーす!!って言ってくれるから。」
慶 「(ファンに向かって)すみませんね。気つかってもらってもいい?」
手「バイブスあがるー!」
「そしたらマジput your hands up!シゲ、テンションあがるから。ふははww」
慶 「増田のテンション上がってる。わろてんで、一人で。」
「everybody say We are the?」
<にゅーーす!!!
「(シゲに向かって)グーググー!!(エドはるみの真似)」
「チッキショーーー!!!(小梅太夫の真似)」
慶手増 「wwwww」
慶 「そんな高い声出るんだねwww」
「俺、低いと思ったら大間違いよ。ただ高い風に聞こえないんだよね。そういう声質なんだね。」
慶 「シゲはキー俺より高いもんね。」
「あなた低いよ!」
慶 「いや、だから俺より(シゲのほうが)高いって認めた上で話してるのに、何で俺今怒られたの。」
「wwww」
慶 「俺は下まで出るよ。(低音で)小山慶一郎です。すみません。小山慶一郎です。」
「その低い声でも通るもんね。」
慶 「(低音で)すみません、どいてください。」
「通るねww」
タブレット純さんみたい。」
慶 「(低音で)タブレット純さんって誰ですか?」
「え?タブレット純さん知らないの?」
「おもしろいよね。」
「(低音で)どうも。増田です。」
慶 「高音も出すシゲがいて、俺が低音でいって、そのオクターブ上を行く手越が合わせてくれて、まっすーがふわっと包み込む。これがNEWSです。」
「なにそれw」
慶 「テゴマスさんには支えてもらってます。」
「いやいや。」


「ホームベーカリーは?ホームベーカリー買うって約束したじゃん。」
慶 「ああ、そう。昨日まっすーが俺にホームベーカリープレゼントしてくれるって覚えてる?」
「覚えてるよ。なんで?」
「増田さんけっこう(お酒)いっちゃうと忘れてるときあるから…。」
「覚えてるよ。小山パン好きなんだよね?」
慶 「そう、俺パン好き。昨日夜ね、みんなでイタリアン料理だったの。」
「イタリアン料理wwイタリアンかイタリア料理かどっちかにしろよww」
「イタ飯ね。」
慶 「ん?イタリア料理…。イタリアン、イタリアンねwwあれ、めっちゃパンくれるじゃん。」
「オリーブオイルつけて食べるタイプのおしゃれなやつね。」
慶 「そう、俺あのパンくれる制度大っ好きなの。あれってこれ以上はだめみたいな制限ってあるの?」
「ないよ。」
<なーい!
慶 「だよね?いくらでもいいんだよね?俺ずっとパン食ってた。」
「最終的にはフランスパン長いの半分くらいはいってたよね。」
慶 「そう。食べ過ぎてその後のメインディッシュ食べらんなかったの。」
「おなかいっぱいになっちゃったんだね。」
(手越がニヤニヤしながら小山を見てる。)
慶 「あなたなんなの?さっきから笑ってるけど!」
「え?なんでもないよ?(ニヤニヤ)」
慶 「ほんと何なんだよ手越!!俺のことバカにしてんだろ!」
「何でもないって!2人の会話をニコニコ聞いてるだけ!」
「俺、家にホームベーカリーあって、貰い物なんだけど、それがめっちゃいいの。だからねそんなにパン好きならプレゼントしてあげるよって。」
慶 「まっすー(ホームベーカリー)朝セットして出るんだって。」
「結構作ってるの?」
「いや、まだ2回くらいしか作ってないんだけどねw」
「え?なんだよww昨日はむっちゃ作ってるみたいな感じで、良いよ~って言ってたじゃん!」
「いやでもそれくらいのね?思い入れがね?あるってこと。それくらい言わないと愛情伝わらないじゃん。それにやっぱいいよ、朝パンの香りがするの。できたてのパンってやっぱおいしいよ。」
「パン作る?」
慶 「ホームベーカリーあったら作るよ!」
「じゃあホームベーカリーもらったらパン作って現場持ってきてよ。」
「いいね!」
慶 「まじか、めんどくせ。」
「何パンが一番好きなの?」
慶 「え?31歳になって好きなパン何って聞かれるの?俺。」
「いいじゃんw何パンが好きなの?」
慶 「一番好きなのは、クリームパン。こういうやつ(グローブ型を示す)」
<ざわ
慶 「かわいいって思われたくてクリームパンって言ったんじゃないよ!本当に好きなの!……手越喋れよ!!(強め)」
「(ニヤニヤしながらえ?って顔)」
慶 「何パンが好きなんだよ!」
「揚げパン(即答)」
慶増シ「www」
「揚げパンおいしいよね、給食とかで出てさ。余ったやつジャン勝ちでもう一個もらう。」
「大人になると揚げパン食べる機会なかなかないね。」
「パンを揚げようって発想がなかなかトリッキーだよね。」
「シゲって本当に食べ物用語詳しいよね。昨日のイタリアンでもさ、なんかすごい説明されても、俺は右から左に受け流すくらいしかできなかったんだけど。」
慶 「ちょこちょこギャグを挟むな。」
「シゲはさ、ちゃんと分かってるもんね、たとえば…ジェノベーゼがどうとかさ。ああ、それなんとっかっすね、みたいな。」
アーティチョークとか、もう技の名前だよねw」
アーティチョークね。」
アーティチョーク!(小山に攻撃)」


「流行ってるよねダンソン。大阪でも流行ってるのかな?大阪ではどんな芸人さんが人気なのかな。」
「大阪で人気?上沼恵美子さんとか?」
慶 「やっぱ違うのかな東京と大阪だと。」
「ラッスンゴレライとかは(流行ってる)?」
(微妙な反応)
「あ、そうでもないんだwww」
慶 「大阪だと誰なんだろう。」
「ダイアンさんとか?」
<ああ~。
慶 「シゲ詳しいよね。」
「俺5UPって吉本の劇場で漫才したことあるからね。」
<えー!?
「ラジオの企画で。2年くらい前にゴリさんと。マジどんずべりよ!だだすべり!ww」
慶 「手越が今ダンソンがきてるらしくて。」
<やってー!
「やってってww(照れてる)」
慶 「はい、俺動物ねー。」
「キリンみたいな顔してるもんな。」
ダンソンを始める)
「マイク使えよww」
(手越ニーブラ後の曲まで再現)
「足音すごいんだね。」
慶 「楽屋でも座ってると突然ニーブラしてくるからね。」
「(小山に対して)俺今日襲ったじゃん、1回。あれ、もっと受け入れないとだめだよ。」
慶 「あの、みなさん、人に襲われた経験あります?」
「襲われるってどのように?ちょっとやってみてよ。」
<やってー!
「ここではできない。」
慶 「いや、今ここではできないようなことよ。あれをここでやったらみんなスッっと引いていくからだめw」 
「ここでできないようなこと、楽屋ですんなよw」
「欲しそうにしてたの。」
慶 「してねーよ!お前、俺のM設定やめろよ!そんなにMじゃねーよ俺!」
「みんなはどう見てるのかな?僕らがSとMどっちがどっちなのとかね?みんなさぁ、まっすーのことはドMだと思ってるよね。」
「思ってねーだろ。」
「ファンのみんなはまっすーにMでいてほしいと思ってたりするんじゃないの?」
「え?俺のことどっちかというと虐めたい願望でみんな応援してるの?…まっすーMじゃなーい(ラッスンゴレライのリズムで)」
慶手増シ「まっすんごれらいwww」
「俺はねSとかMとかそういうの見せないでね、どっちでもいいみたいな、みんなの理想の存在でいたいっていうのはあるね。」
「じゃあNだね。ノーマル。」
ニュートラル?」
「押したら動いちゃうw」
「押したら動いちゃうねwwwまぁ、どっちにもいけるよってww」
「一つ気になるのがさ…」
「なんで(SとかMの話)俺だけいったんだよ!!…まぁいいや、次の話いっていいよ。」


「一つ気になるのが、昨日までライブ一ヶ月あいてました。みんな何してた?セイッ!」
(3人とも一斉に口開きかけてかぶりそうになって困る)
慶 「(3人同時には)言えないでしょwwだからセイッってなんなんだよww手越はなにしてたの?」
「俺はゆーったりしてた。みんな昨日大阪来たじゃん?俺、用あったから一昨日きたの。ここガンバ大阪じゃん?宇佐美貴史とデートしてたww」
<えー!?
「新大阪まで貴史が迎えにきてくれて。」
慶 「貴史って呼んでるの?」
「うん、貴史がね、ちょっと連れてきたい寿司屋あるんすよって言ってドライブデート。」
「宇佐美選手、未来シアター出てくれたね。奥さんと仲いいんだよね?」
慶 「手越が奢ったの?」
「もちろんもちろん。」
「サッカー選手に先輩風ふかせてんじゃねーよwww」
「いや違うって、年下だからよww」
慶 「え?」
「彼22歳だからね。」
「手越が奢るの!?俺らの前だとよく今日財布忘れちゃったぁーとかやるじゃん。」
「それはwwみんな年上だし、先輩ですから?」
「思ってねーだろ。先輩って思ったことねーだろ。俺だいぶ先輩だぞ。」
「www」
慶 「そうだよね、何ならまっすー一番先輩だもんね。増田ちゃんとやれよ。」
「4年先輩だぞ。敬語使えやー!」

慶 「俺は毎日がevery.。月木でevery.、週末はevery.のロケに行ってるし。ナッシングプライベート。ナッシング。」
「最近every.ですごい見る。週1だった時はそうでもなかったけど、帯になってからは特に。今週のお値段!つって。」
慶 「お値段は水曜日だけなんすよ。」
「あれ?」
「この辺(大阪)だと映るの?」
慶 「水曜日にちょっとだけ映るんだよね?」

「俺は…水曜歌謡祭。」
慶 「あのそうそうたるアーティストさんの中に一人入って歌うってすごいよね!どんな感じ?」
「いや、嬉しいよ。増田くんって今いくつなの?って聞かれて今28です、今年29になります。 えーそうなんだ見えなーいって言われて、なんかそれ俺中身ないみたいじゃないですか、っていう。そういう会話をずっとしてた。」
慶 「そうだよね。さっきも(歳の話)あったけど、手越がもう27だもんね。」
「たぶんNEWS自体がみんなまだ23ぐらいみたいな、若いグループだってイメージがあるんだろうね。あと、俺が2年で、(てごしげを指して)あと4年、3年か。3年後にはみんな(30代)か。あれ?そう思うとまだ先だな。」
「俺はハートは永遠の16歳だからなんともないね。(水飲みながらでもごもご)」
慶増シ 「え、え、何て?」
「ハートは、えいえんの、16歳なの!」
慶 「滑舌良かったねww」

慶 「顔が永遠の55歳シゲちゃんは(何してたの)?」
「いや、もうだいぶ追いついたでしょ。顔に年齢が。」
慶 「ああ、そうだね最近しゅっとしてかっこいいよ。」
「ありがとう。」
「おーれは、最近はビビットかな…。あ!いちご狩り行った!プライベートで!すごいんだよ!下から見るとファンシーーーー!って感じ!いちごの中をくぐるの。
こう水耕栽培でちょっと高いとこから垂れ下がってるやつで、ファンシー!ファンタジー!超かわいー!ってなるよ。」
「しげ、いちご可愛いとか思うんだね。。なんだったら、いちご蹴っとばしそうなのに。この、いちごのつぶつぶ嫌いなんだよね、とか言いそう。」
「あえて緑のやつ食べてすっぱあーい!とかやるよ。」
「かわいいことしてんね。」
慶 「シゲ女子力高いよね。この間もね、たまねぎのみじん切りめんどくさいなって思って相談したんだよね。」
「ふっww違うんだよwwwまず、みじん切りしてる自撮りが送られてくるわけ。自撮りちょいちょい送ってくんだよね!」
(小山がみじん切りしながら、自撮りするふり)」
慶 「たまねぎまるごと入れて、紐みたいなのひっぱるとみじん切りできるやつ教えてもらったよね。」
「あれ、いいんだよね。ひっぱる回数で荒さを調節できるの。ビュンビュンチョッパーっていうやつです。」
「シゲ女子力高いな。」
「俺お料理するからね。」
慶手増「お料理w」
「お魚を3枚におろすとか女の人でもできない人いるもんね。」
「するわよ。シゲ子する。女子力あるでしょ?(オネェ口調)」
「このみじん切りが!(オネェ口調)」
「ふんづけてやる!!(オネェ口調)」
「たまねぎふんづけてやる!(オネェ口調)」
「もうそれみじん切りじゃなくなっちゃう。」


「あーくだらないww」
「みんな何とか狩り行ったことある?」
「俺、いちご狩りなら松居一代さんと行ったよ。」
松居棒でとるのかな?」
「おい、お前バカにしてんだろ。松居さんに失礼だわ。そんなことしたら、いちごのつぶつぶ全部取れちゃうだろ。」
「何とか狩りっていいよね。」
「ぼくは1公演目と2公演目の間で小山狩りをしようと思います。」
「言葉悪いよ。オヤジ狩りみたいな響きになっちゃってるからw俺それ聞いてどうしたらいいの。狩られるの待ってたらいいの?」
「俺も参加したい。」
「おう、ウェルカム?」
「小山狩りって具体的に何するの?」
「ソファでダランとしてるところを狩りにいく。」
「俺がね、楽屋でパンツ一丁でソファで寛いでたりするじゃん。したら足もってグイって開かされたりしてる。」
「wwww」
「ひぃやぁ~やめて~(高い声)って。」
「それ小山狩り?」
「の一種。」
「あ、じゃあ俺手越狩りしよう。」
「俺も手越狩りするわ。」
「……待って。それはそれでなんか寂しくなるから、俺狩ってくれよ。」
手増シ「欲しがり(狩り)だなーw」
「じゃあ落ちたからMC終わろうか。」