ひっとかくれ

気まぐれに壁打ち

ジャニアイの思い出

2019年早くも2月が過ぎ、春めいてきたところで、今更ながらブログを更新していなかった間の事を振り返りたい。


前回ブログを更新した頃(もう2年も前のことになる)との変化といえば、SexyZoneとKing&PrinceのFCにも入会したことだろう。若いグループを知り、ジャニーズJr.のグループも覚えるようになった。
今記事ではジャニーズJr.のグループを見たくて行った帝劇の舞台についてメモしておきたい。
すでにかなり前のことなので、記憶が曖昧になっている部分も多々ある。そもそも舞台やライブ中は興奮しているので、記憶力が低下しているため仕方がない。

 

2017年に初めてジャニーズJr.出演の帝劇公演、JOHNNYS' YOU&ME IsLAND、いわゆるジャニアイを観劇した。
昔に1度だけ帝劇でDREAM BOYSを見たことがあったのだが、その頃ジャニーズをよく理解していなかった私は、ジャニーズ舞台のストーリーや楽しみ方がよくわからず戸惑ったので、正直ジャニーズの舞台というものには不安を感じていた。
ジャニアイを観劇してみたところ、不安もなんのその、とても楽しい時間だった。
ひとつの大きなストーリーがあるというより、伝えたいこと魅せたいものを繋ぎ合わせて構成されている舞台だった。
過去の出来事から学び、悲劇を繰り返さないようにしてほしい、今ある幸せを大切にしてほしい、そして輝きある未来を作り上げてほしいというメッセージがよく伝わってきた。
また、エンターテイメントショーとして様々なことにチャレンジする姿はとてもキラキラしていて、皆が魅力的に見えた。

印象に残ったシーンはいくつかある。
冒頭でフライングから柱に激突した平野くんが、仲間から心配され中止を提案されるのだが、平野くんは「Show must go onだ...」「やる気のない奴は帰れ!」と突っぱねていきなり仲違いをする。心配してくれた仲間に対してあまりの物言いである。

ジュニアの各グループを堪能することができたのは感動ものだった。
Travis Japanの“夢のハリウッド”が大好きになった。
さらにLove-tuneは演技力の高さとパフォーマンスに驚かされた。特にタイタニック号の顕嵐くんの演技が良かったように記憶している。歌のパフォーマンス前に安井くんの「俺たちはまともじゃダメなんだよ!」という台詞があり、それが非常に面白かった。これが今流行りのパワーワードというやつでは?などと思いながら楽しんでいたのだが、まさか後にその台詞を体現するかのような事態になるとは、このときは夢にも思わなかった。

舞台ポスターの写真からしMr.KINGばかりでPrinceはあまり出ないのではないかと思っていたのだが、想像以上にPrinceに出番があったことが嬉しかった。“描いた未来~たどり着くまで~”は、映像と組み合わさったパフォーマンスが素敵で、ぐっとこみ上げるものがあった。私も一緒に地球を歩きたかった。

 

2018年お正月にはJOHNNYS' Happy New Year IsLANDを観劇。
一幕はYOU&ME IsLANDをぎゅっと短くした内容。
ニ幕ショータイムでの、ジュニアたちを従えた東山さんのパフォーマンスは圧巻だった。沢山のジュニアが同じ衣装でダンスしている中、自分がどうしてもこの子を目で追っているなという、自分の好みを再確認できた公演でもあった。

 

2018年12月JOHNNYS' King & Prince IsLANDを観劇。
King & Princeが国の王子であり、過去・現在を学び、未来へ向かって進んで行くという軸があることで、前回よりも分かりやすい構成だったと思う。
あからさまにグレイテストショーマンを意識した楽曲があって心配したり、岩橋くん休養の影響なのか神宮寺くんの活躍が少ないと感じたり、若手の活舌と演技がイマイチと思う部分もあったが、キラキラ感は変わらず健在で楽しめた。
一番のテーマとしては「子どもは大人になれるけど、大人は子どもに戻れない」ということ。当たり前のことだけれど、そのことを意識して子ども時代を過ごせていたならなと思った。

たまたま座席が0番、いわゆるセンターだったので舞台全体が良く見えた。席列的にちょうど真上でフライングが始まったので、見上げてみたが、首が痛いだけであった。あと落ちてきそうに見えて怖い。
一番見たかった岸くんと神宮寺くんの手を繋いで行われるフライングは、彼らの「せーの」という小声の掛け声と、回転時に発生する風を堪能するひと時となった。

三部のショーでは、それぞれグループの持ち歌も増えていて、とても新鮮な気持ちで楽しめた。特にHiHi Jetsはメンバーが増えたことで、よりかっこよく見えるようになったと思う。

 


しばらく文章を書くという行為をしていなかったことと、記憶の鮮度が落ちていることから、あまりにも纏まりのない内容となってしまった。
今後も舞台が続いていくのかどうかはわからないが、もし次の機会があるのならば、ぜひまた彼らのキラキラを観にいきたい。
そして次はもう少しまともな文章を書けるようになりたいものである。