ひっとかくれ

気まぐれに壁打ち

Jr.担じゃない私がジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~の配信を見た

楽しかったけど、後半複雑ーーーー!!!!
せっかく見たので、感想書いておきます。
Jr.のこと詳しくないし、好き嫌いどうしてもあるので、不快にさせるような物言いしてると思います。嫌な予感する人は読まないでください。おかしい事書いてても馬鹿だなって思って、スルーしておいてください。
この公演を見て、私としてはHiHi Jetsの株があがりました。

 

 

デーンと聳え立つJr.マンション!これこれ~!これ見たかったよ~!って感じ。
グループごとに登場するんだけど、SixTONESSnowManはまだ登場せず、2グループの特別扱い感がすごい。
第一声がHiHi Jetsの高橋くんの煽りからだったの予想通り過ぎたし、活舌がちょっとアレで何言ってるか聞き取れなかったのも予想通り過ぎて笑ってしまった。
『Can do! Can go!』始まりなのも、想定の範囲内。なぜかこの曲聞くと切ないというかおセンチな気持ちになってしまうんだけど、何故だろう。

続いて『WNNA BEEEE!!!』で盛り上げた後は、なにわ男子『なにわLucky Boy!』へ。顔面偏差値が高い・・・。関西の曲はあんまり知らないけど、この曲は楽しくて好き。

イントロがかかって一気に私のテンションが上がるHiHi Jetsと美 少年の『おいで、Sunshine!』へ。この曲好き!昨年のみなみなサマーより好き。曲調も歌詞も振付も、全部可愛い!みんなカメラ捉えるのうまいね。淡い思い出作ろうぜ~!!

『Lock Lock』と『VOLCANO』で息のあったダンスを見せてくれたTravis Japanかっこよかった!炎の演出で披露する『VOLCANO』はアツイ!最後に拳を天に突き上げて終わるところもイカしてた。

ここへ来てやっとSnow Manの登場。『Make It Hot』『Party!Party!Party!』『Ⅵ Guys Snow Man』を披露。リフターに乗ってたような気がする。3人加入して9人になったのに、『Ⅵ Guys Snow Man』歌うんだへぇ~って感じ。水がいっぱい出てたように思う。

次はSixTONESが1人1台気球に乗って登場。いや、2グループとも出てくるの遅くなーい!?ジェシーの「愛し合ってこうぜ」みたいな煽りに、某金髪子猫ちゃ~ん!なアイドルと、某セクシーサンキュー!なアイドルの顔がちらつく。
『IN THE STORM』と『Rollin'』を気球に乗って披露。大きい会場なので上の上の上の方!*1の客を気遣ってあげて欲しかったけど、配信だとよく分からなかった。
気球の籠に片足乗せて舌出してるという治安悪めの北斗くんが見れて、北斗くんの「死ぬほど楽しんでいこう」って煽りが聞けて、満足です。

気球から降りて、『Japonica style』へ。扇子持ってないのは寂しいけど、かっこよかった。
PVと同じく途中でちょっと音止まるパターンになってて、その無音部分でジェシー「何見てんだよ」って・・・相応しい台詞はそれじゃなくない!?会場もキャーって感じではなかったように思う。もし次があれば改善してください。

美 少年、少年忍者、Jr.SP、Lilかんさいで、なんか聞いたことある曲な気がする・・と思ったら『NOT ENOUGH』。これがあの人気の高いノイナってやつか~って気持ちで聞いてた。けど、なんか聞き覚えあるのと違うアレンジだったような気がした。
髪を耳にかけて、指でクイッってこっちこいよポーズした龍我くんが可愛かった。

暗転。スポットライトに照らし出されるキーボード石垣くん。会場の歓声も凄いし、私も画面見ながら居たのー!?って声を出してしまった。
曲は『君と…Milky way』。本当にこの曲は作詞作曲の素晴らしい曲よ・・・。先生ありがとう・・・。
ワンフレーズ歌い出すごとに、寺西くん、室くん、高田翔くん、林翔太くんとスポットライトで照らし出され、それぞれ歓声が凄い。一番歓声大きかったのは、寺西くんだったように思う。テレビ露出のほとんどないJr.で沸くあたり、会場に集まったファン達は正真正銘のJr.担なんだなって思いました。

なんか突然和風の衣装に着替えたなにわ男子と関ジュ(?)が踊って、Jr.マンションが三味線のパフォーマンス。うーん、やるなら『Japonica style』の後もしくは腹筋太鼓の辺りのほうが合ってるんじゃないのかな?と思って、ちょっと個人的には謎の時間だった。

『Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~』で、あ~分からないJr.かも・・・いや、秋山!目黒!って顔と名前が100%一致する人に気づいて、MADEと宇宙Sixって分かりました。気づくの遅くてごめん。ドームという環境に慣れている感じがした。

HiHi Jetsがローラースケート履いて、ローラー太鼓(?)で、『Yellow Gold』キター!舞台で見たときから、なんでこの曲で、この演出なのか、わけわかんなくて、面白くて好き。

次も太鼓、今度は腹筋太鼓。舌なめずりする深澤くんがどアップで映った時点で、ごめんなさい、見てられないなって思って、ご飯食べてたので、何してたか知らないです。

れいあくんの可愛い顔から繰り出される、荒い口調の煽りのギャップが面白い。それぞれトロッコに乗った7MEN侍とAぇ!groupのバンド演奏で『A・RA・SHI』『SHAKE』『Darling』『LOVE YOU ONLY』『無責任ヒーロー』を。他のJr.やチビジュたちが、客席降りしたりなんだりと、いろいろ動きまわってた。
途中で挟まるれいあくんの煽りの口調が「限界超えていこうよ~!」ってちょっと口調柔らかくなってて可愛いがすぎる~!
面倒見る兄さんJr.とチビッコJr.っていう構図本当によい。カメラ見つけては一緒にアピールしたり、頭撫でてたりとか、本当に可愛い。こういう姿みられるのジャニーズの良いところだと思う。
カメラアピールは大西プロって感じがした。あと、ぜんっぜん名前分からない子で、やった!映った!みたいな顔した子が可愛かったです。

 

 

MCは各グループの宣伝が主。
時間がない上に、変に先輩から絡まれて困って、焦ってたからだと思うけど、高橋くんがドラマ野郎組の番宣の時にれいあくんの名前出し忘れてたの、地味に残念。せっかくドラマやってるんだから、ドラマの曲披露しても良かったのにねって後から思った。
ジャニーズwebでブログ連載開始や公式SNS開設、ライブツアーの発表は素直に良かったね、頑張れ!なんならツアー行ってみたいよ!!って楽しい気持ちでした。
「僕たちからみんなに発表することがあります。」「2020年、SnowManSixTONES CDデビュー決定!」を聞くまでは。

本来おめでたいことのはずなのにね。素直におめでとうって気持ちにはなれなかった。この感想書いてる今もなれてない。大きく分けて2つのことが言いたい。①今日この場で発表すべきことだったか、②本当にデビューする(させる)に値するグループか。

①今日この場で発表すべきことだったか
他担は素直に祝福できないだろうことは想像に難くないにも関わらず、他担が大勢いる中で、しかも公演の中盤で発表したのは悪手だったと思う。他担がいる手前、デビュー該当担も手放しで喜び難い、他担もその後のライブ楽しめない。いいことなくない?
選抜して新たなグループ組んでデビュー発表なら、Jr.が一堂に会する場での発表も納得できたけど、既存のグループがそのままデビューするのなら、そのグループの単独公演で発表すればもっとお祝いムードになって楽しかっただろうに。
そしてJr.祭りって銘打っておきながら、結局この2グループの発表のための公演みたいな扱いになったこと納得できない。サブタイトル「~東京ドームから始まる~」は、これからJr.を盛り上げていくよっていう意味だと思っていたのに、違ったんだね。アイランド社社長の滝沢さんがJr.黄金期を作りたいって言う話をどこかで聞いたけど、この公演を見た限りその思いは伝わってこなかった。

②そもそも本当にデビューする(させる)に値するグループか
2グループとも年齢が高めだけど伸び代あるのかなっていう疑問と、これまでデビューできなかった(選ばれてこなかった)人たちなんだよね?っていう思い。長く続けていればデビューできるのかもみたいな風潮は良くない。デビューってそういうことじゃないと思う。
SixTONESについては、誰が見てもイケメン!って感じではないけれど、雰囲気はあるなと思うし、北斗くんや京本くんはドラマや舞台で一般からの認知度も高まってきていると感じるので、ありなのかもなぁと思う。KAT-TUNKis-My-Ft2以来のちょっと柄悪いやんちゃ系な感じで、近年のデビュー組とは系統が被らないのもいいのかもしれない。彼らはCDデビューじゃなくて違った形(配信とか)で活躍していくかもと思っていた。なのでCDデビューはちょっとビックリだけど、まぁ妥当なところかなと思う。
SnowManについては、本当に想像もしていなかったので、心底驚いたし、なんで?っていう気持ちがある。容姿の好みは人それぞれだけど、一般的に大衆に受ける感じじゃない。彼らがデビューすることで、ジャニーズってイケメンいないんだねって言われるのが容易に想像ついて辛い。
個人的にはHiHi Jets、美 少年、なにわ男子あたりの世代から選抜でデビューのほうが、将来的なこと考えると良かったと思うし、納得しやすかった。若さって武器だよ、本当に。

もっと言いたいこといっぱいあるけど、汚い言葉が出てしまいそうなので、これくらいにしておきます。

 

デビュー決定発表後、会場盛り下がってたと思う。少なくとも私はちょっと気持ち落ちた。

デビュー決定の2グループはお花渡されて『FIRE STORM』。ここで、この曲披露でいいのか?歌詞が不穏な曲だぞ?ってちょっと笑っちゃった。あと、真っ白な百合の花がお墓参り感あったので、もっと華やかな色にしたらいいのにと思った。

TravisJapanら他Jr.たちも出てきて『FIRE BEAT』なんだけど、最後のえるくんアップで映ったとき、泣いているように見えました。他のJr.たちが2グループのデビュー決定をいつ知ったのかわからないけれど、悔しいだろうし、今後の自分たちのこともいろいろ考えてしまうよなと思って、切なくなった。

次のSnowMan『Lock on!』はこの先のJr.とは・・・ジャニーズとは・・・に思いを馳せててちゃんと聞けてない。

皮ジャン着てバイクで走り出す岩本くんとジェシー。今このご時勢にバイク使う演出が似合うのは上田竜也くんだけです!!『BRAVE SOUL』も『Amazing!!!!!!』もあんま真剣に聞けなかった。というかSixTONESは明るい曲をセトリに入れたほうが良かったよ。『この星のHIKARI』とかさ。*2

次のなにわ男子『ダイヤモンドスマイル』でキラキラアイドル感が戻ってきて嬉しかった。顔がかわいい~。王道アイドルソングでとっても良い!のに我が家の回線事情で途中でちょっと止まってしまい、気づいたら次のAぇ!groupも見れてない。悔しい。

聞いたことあるイントロだな~と思ったらMADEがNEWSの『Wonder』を。長年NEWSのバックについてただけある~!この曲を選んでくれたこと、単純に嬉しい。ダンスもオリジナルと同じだった。ちなみにMADEって自分たちの曲持ってるの?知らないんだわ。

宇宙Sixの曲は初めて聞いた。ラストで目黒くんをセンターにしてみんなで肩組んでる姿を見て、あぁこれが目黒くんが宇宙Sixとして活動する最後のステージなんだろうなって伝わってきた。

ここへきてのTravis Japan『夢のハリウッド』は泣いてしまう。「憧れの東京ドーム」って歌ったところにもグッときた。のだけれど、タップ前に「みんな一緒に!」って言われるとどうしても笑っちゃう。何を一緒にするのかトラジャ担教えて。頑張って一緒にタップするの?

美 少年が亀梨くん作詞の曲を披露。初めて聞きました。良曲だと思うけど、私は『Cosmic Melody』が聞きたかったです。

7MEN侍で『SAMURAI』を、れいあくんだったかな?「全員まとめてかかってこい」みたいに会場盛り上げようと頑張ってた。

特徴的なイントロHiHI Jets『HiHi JET』キター!この曲大好きなので気持ちが盛り上がってきた。猪狩くんが「文京区丸ごとぶっ壊そうぜ」って煽ってたの面白かった。盛り下がってた(と思われる)会場が、彼らの煽りと分かりやすいC&Rとパフォーマンスで、ちょっと持ち直したように感じた。私の気持ちはたいぶ上がったので、HiHi Jetsありがとう!

美 少年と関西の子たちで『キミアトラクション』みんなの「キミがナンバーワン」のカメラアピール可愛かった~!浮所くん(だったかな?)の「大好きー!」と、那須くん(たぶん)の「俺と付き合って」がキャー!ってなっていた印象。

『勇気100%』で水着を着たチビジュたちが出てきて、噴きあがる水を盛大に浴びながらダンス。これは私みたいな大人が見ても許される奴?ポ○ノ扱いにならない?って心配した。でも、ジャニーズらしさを感じて、楽しかった。ここで中学生以下はお別れ。若い子の多い少年忍者の川崎くんが代表で挨拶してたけど、川崎くん自身は高校生ですって言ってて、びっくりした。いつの間に・・・。
キャメロンの「みなさーん!あいしてるー!」がとっても可愛かったです。

高橋くんが「水で濡れたステージとローラーは相性が悪いから、次がすごく怖い」って言いながら一旦はけて、グループシャッフルコーナーへ。
青春アミーゴ』ラウールと道枝くんの足上がるたびに歓声あがるのは面白い。龍我くんが映って、スタイル良い系選抜なのかな?と思ったのに、龍我くんのペアが井上くん、れいあくんと織山くんがペアで出てて、なんの集まりだこれは?って感じ。もっとラウ道意外も映してほしかった。

HiHi Jetsと松田くん、森本くん、高地くん、原くん、藤原くん、向井くん、深澤くんたちで『パラダイス銀河』。ちょっとした茶番劇が入るんだけど、作間くんがバンクでジャンプ決めてるのかっこよかった。

次に『君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか』のイントロがかかって、歌選抜だな!って思ったけど、本当にそうだったのかどうかよく分からない。ジェシー、岩崎くん、末澤くん、高橋恭平くん、目黒くん、京本くん、大橋くん、のえるくん、松倉くん、渡辺翔太くんの順に歌ってたと思う。元々曲が好きなので、歌ってくれて嬉しかった。

次はラップ。猪狩くん曰く「チーム樹」メンバーは樹くん、猪狩くん、本高くん、ヴァサイエガくん、川崎くん。ヴァサくんと川崎くんにラップのイメージなさすぎて新鮮だった。正直、樹くんのラップあんまり好きじゃないというか上手いと思ったことなくて・・・。他の子たちのラップのほうが好きだった。

アクセントダンスから『アンダルシアに憧れて』へ。ラウール、宮近くん、西畑くん、高橋くん、岩崎くん、のえるくん、りんねくん、北斗くん、岩本くん、ジェシーの順に映ったと思う。のえるくんがアクロバット決めてたと思うけど、スモークであんまり見えず残念。
北斗くんの表情がめっちゃ良くて、会場もわー!ってなってたと思う。そして気づいたら他のJr.たちみんな出てきて全員で踊ってた。

『君にこの歌を』で少年たちの映画を、ジャニーさんとのお別れを思い出す。続いて『REAL DX』へ。今タッキー&翼の曲聞くと、アイランド社社長め・・・って気持ちになって盛り上がれないんだわ!美 少年が振付かなにかをトチってた気がする。

ここで猪狩くんが煽りで「まだまだ伝説始まったばっかりなんで、これを最後にしないで!」みたいな言葉をくれて気持ちが上昇したというか、ちょっと救われた気分になったので、猪狩くんの株が上がった。

『Love so sweet』を全員で、いろんなところに散りながら。カメラアピールで道枝くんと龍我くんがそろって映ったとき、とっても可愛かったので「東の龍我・西の道枝」で行こう!って強く思った。

最後に『Keep on』を全員で。この曲も好きな曲だなぁ。浮所くんと岩崎くん(かな?)という若い2人に絡まれて苦笑してる西畑くんの姿が可愛かった。

配信はここまでで、アンコールは見られません。アンコールも配信してくれたらいいのにね。

 

Jr.担当でもないのに、とても長くつらつらと書いてしまった。
楽しかったのだけれど、なんだか惜しいなと思うコンサートだったかも。もっともっとセトリや演出で楽しくできたんじゃない?っていう気がして。*3
人生で初めて家で生配信コンサート見たので、そういう経験をさせてくれたことは感謝。
今後のJr.の、ジャニーズ事務所の活躍を期待しつつも心配しながら見守ります。

 

 

 

*1:by櫻井翔

*2:単純に私が好きなだけ

*3:具体的に思いつく訳じゃないけれど