ひっとかくれ

気まぐれに壁打ち

映画 ブラック校則 感想 (公開記念舞台挨拶ライビュ)

予想以上に良い映画だった。良い意味で期待を裏切ってくれたというか。
そもそもそんなに期待していなかった(ひどい)のだが、これは面白いもの観れたな!という満足感がすごくある。

ジャニオタが何言ったところで、所詮はアイドル好きの奴がアイドル主演の映画見て言うことだから信用できるかよって思われてしまうであろうことが非常に悔しいのだが、ジャニーズが主演しているからという理由でこの映画を避けている人がいるとすれば、もったいない!是非観てほしい!

あらすじから読み取れる「恋した彼女の為に理不尽な校則を変えてやるぜ!!」というストーリーは間違ってないけど、ちょっと印象と違います。爽やかに、まるでヒーローかのように校則変えたりはしない。そんなヒーロー的活躍を妄想をする陰キャが主役。

発表されたときは「令和の“野ブタ”」みたいな触れ込みだったけど、見ていて「令和の“僕らの七日間戦争(実写映画版)”」では?と思った。僕らの七日間戦争のストーリー全然覚えてないんだけど、青春映画の雰囲気が。
でも決して若い人のための青春映画ではなくて、コミュニティに馴染めない人、疑問を持っているけど迎合している人、そんな人たちにも響くストーリーだと思う。

主役の創楽(佐藤勝利くん)の陰キャ具合が、果たしてお芝居なのか、はたまた元来佐藤勝利という人が陰キャなのかわからなくなるくらい、はまっている。あんなにもクラスにいる所謂“イタイ奴”を表現できるとは思わなくてびっくりした。
創楽の友達の中弥(髙橋海人くん)の自然さがとても良い。創楽や他の生徒を支えてて、この映画が重くなりすぎない。特に東くん(達磨くん)へ話しかけるシーンは、超良いやつじゃん~!!!近くにいてほしい~!!!ってときめいた。
この映画の雰囲気を作り出している希央(モトーラちゃん)の言葉にできない魅力に引き込まれる。希央は弱い子じゃないけど、でも強い子でもない。そういう絶妙さを上手に表現していた。
他の登場人物たちのキャラクター性もリアルとフィクションのバランスがとても良い。身近に居そうでいて、居なさそうというか。
個人的に創楽の妹の「陰キャは人よりも努力しまくって、やっと初めて普通の人とトントンになれる」みたいな発言が心にグサグサ刺さった。妹、辛辣…。

クライマックスの東くんのラップ*1と、登場人物たちの頑張るシーンはグッときてしまい、ちょっと涙目になった。特に「俺らは今日しか知らねぇし」「早く大人になりたいって思わせてくれよ頼むから」という部分はとても高校生らしくて、自分が学生だったときの思い出とか、においみたいなものが蘇ってきた。

映画が終わってから、「色んな伏線があって映画・ドラマ・Huluを行ったり来たりしながら繰り返し見ると面白いよ~」的な宣伝動画が公開された。謎解きとか考察が好きな人にとって、とても楽しい試みだと思う。私は申し訳ないが細かいとこ見たり調べたりする根気ないので、他人の考察を楽しむ側でいます。

 

舞台挨拶、めちゃくちゃ面白くて可愛かった~!!
まず衣装が天才的に可愛いし、髪形も可愛い。手の振り方も喋り方も可愛い。可愛い以外の語彙力を失くした。
ナナちゃん役の葵くんに対して上目遣いな海ちゃんが可愛すぎる!!持って帰って飼いたい…。
全体的に田中樹くん口止まんねぇなマジで!って感じでとっても面白かった。すごく盛り上げようとしてくれて。SixTONESだとまとめ役って印象だったけど、本当はボケたいタイプの人なんだなって伝わってきた。
舞台挨拶でこんなに笑ったの初めてだわってくらい面白かったので、ライビュ見にいけて良かった!あと、地方の映画館があれだけ埋まっているのを久々に見れて嬉しかったです。

 

 

映画の内容と全く関係ないのですが、隣の席の方(子供ではない)が、エンドロールの曲に合わせて小声で歌い出してめっちゃ引きました。ここは家か?カラオケか?これは応援上映だったか?

 

 

*1:サントラに収録されているし、公式で音楽のみ動画もあげてくれている